Philippine Department of Agriculture – Tokyo
Latest border measures to prevent the spread of novel coronavirus (COVID-19)

新規コロナウイルス(COVID-19)の蔓延を防ぐための最新の国境対策

日本への入国に関する情報

  • 外国人の新規参入
    新国境措置(27)に基づき、2022年3月1日午前0時(JST)から、観光目的を除き、受入機関の監督下で外国人の日本への新規入国が許可されます。
    対象者(以下の(1)および(2)の両方を満たす:(1)ビジネスおよび雇用を含む目的で短期滞在(3か月未満)のために新たに日本に入国する外国人または新たに日本に入国する外国人長期滞在。
    (2)上記(1)の目的で滞在し、日本に監督機関を置く外国人。
    ビザ申請に必要な書類(現在、再入国許可証を持っている人を除いて、新規入国を希望するすべての外国人はビザを申請する必要があります。):受入機関が取得したERFSシステムへの登録完了証明書訪問の目的に応じて、他のビザ申請書類と一緒にオンライン申請を通じて。 (「国境を越えた旅行の再開に向けた段階的措置の対象となる外国人のためのビザの申請詳細については、」ページを参照してください)。
    受入団体とは、ビジネスまたは娯楽目的で応募者を雇用または招待する企業または組織を意味します。
    (注)ERFSシステムへの登録完了証明書とは、受入機関がオンラインで応募者の情報を申請・登録した後、厚生労働省のERFSが発行する書類の証明を意味します。
    新しい国境措置(27)の詳細については、「国境を越えた旅行を再開するための段階的措置」ページ。

    参照してください 7.特別な例外的な状況での外国人の入国 詳細については、以下をご覧ください。
  • 検疫措置:入国後の自己検疫期間の変更(新)
    新国境措置(27)に基づき、2022年3月1日午前0時(JST)から、有効なCOVID-19ワクチン接種証明書を取得しているかどうかにかかわらず、入国後の自己検疫期間と収容場所が変更される場合があります。そして、検疫所長が指定した特定の施設で、3日間の検疫の国/地域に出入りします。
    参照してください 3.検疫措置 詳細については、以下をご覧ください。
  • ビザの有効期間の停止
    コロナウイルス変異体オミクロン(B.1.1.529)に対する予防的観点からの緊急予防措置として、2021年12月2日午前0時(JST)から、2021年12月2日までに発行されたビザの有効性は、 「日本人の配偶者または子供」、「永住者の配偶者または子供」または「外交官」としての在留資格の保有者。参照してください 4.ビザの有効期間の停止 詳細については、以下をご覧ください。

1.入国許可の拒否

当面、上陸申請前14日以内に以下の159の国/地域に滞在した外国人は、第5条第1項第14項により入国を拒否されます。特別な例外的な状況が発見されない限り、入国管理および難民認定法。外国人(入国禁止が適用されない国や地域から)は、給油や通過の目的で入国許可を拒否されている国や地域を経由して日本に到着した場合でも、入国を拒否されないことに注意してください。 。ただし、これらの国または地域に入国した人は、入国禁止の対象となります。

参照してください COVID-19の蔓延を防ぐための上陸拒否許可について(多言語版)COVID-19の蔓延を防ぐための上陸拒否の詳細についてはOpen a New Window.

領域国/地域
アジアバングラデシュ、ブータン、カンボジア、インド、インドネシア、マレーシア、モルディブ、モンゴル、ミャンマー、ネパール、パキスタン、フィリピン、スリランカ、タイ、東ティモール
オセアニアフィジー
北米カナダ、アメリカ合衆国
ラテンアメリカとカリブ海アルゼンチン、アンティグアバーブーダ、バハマ、バルバドス、ベリーズ、ボリビア、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカ、キューバ、ドミニカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドール、グレナダ、グアテマラ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、ジャマイカ、メキシコ、ニカラグア、パナマ、パラグアイ、ペルー、セントクリストファーとネビス、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、セントルシア、スリナム、トリニダードトバゴ、ウルグアイ、ベネズエラ
ヨーロッパアルバニア、アンドラ、アルメニア、オーストリア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、ベルギー、ボスニア、ヘルツェゴビナ、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ジョージア、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、カザフスタン、コソボ、キルギス、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、モルドバ、モナコ、モンテネグロ、オランダ、北マケドニア、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、サンマリノ、セルビア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、タジキスタン、ウクライナ、イギリス、ウズベキスタン、バチカン
中東アフガニスタン、バーレーン、イスラエル、イラン、イラク、ヨルダン、クウェート、レバノン、オマーン、パレスチナ、カタール、サウジアラビア、トルコ、アラブ首長国連邦
アフリカアルジェリア、アンゴラ、ボツワナ、カボベルデ、カメルーン、中央アフリカ、モロッコ、コートドルボワール、コンゴ民主共和国、ジブチ、エジプト、赤道ギニア、エスワティーニ、エチオピア、ガボン、ガンビア、ガーナ、ギニア、ギニア-ビサウ、ケニア、レソト、リビア、リビア、マダガスカル、マラウィ、モーリタニア、モーリシャス、モロッコ、モザンビーク、ナミビア、ナイジェリア、コンゴ共和国、ルワンダ、サントメとプリンシペ、セネガル、セイシェル、シエラレオネ、ソマリア、南アフリカ、南スーダン、スーダン、チュニジア、ザンビア、ジンバブエ

2.国境措置に関する特別扱いのCOVID-19バリアントに応じて、指定された国/地域の中から特定の国/地域からの再入国を拒否する(新規)

上陸申請前14日以内に国境措置の特別治療のコロナウイルス変異体に対応して指定された国/地域に滞在した在留資格のある外国人の日本への再入国は、特別な例外的な状況です。

指定日検疫措置の開始日国/地域
なし

(注1)2021年9月18日以降に指定された措置の対象国および地域は、外務省および厚生労働省によって指定および確認されます。指定は正式に発表されます。

(注2)在留資格が「永住者」、「日本人の配偶者または子」、「永住者の配偶者または子」または「永住者」で、帰国した外国人。上記(注1)に記載された国/地域から日本に再入国することを目的とした、上記(注1)に記載された指定の翌日までの入国許可は、原則として、特別な例外的な状況にある者として扱われます。 「特別永住者」のステータスを持つ外国人は、この入国禁止の範囲に含まれません。

上記(注1)の指定から2日後の午前0時(JST)に到着し、この時間以降に日本に到着します。

上記の措置により、2020年8月31日以前に再入国許可証をもって日本を出国し、再入国許可証の有効期間が国の後に満了したために日本への再入国を許可されなかった外国人/滞在地域は上陸拒否の対象地域に指定されており、新たに発行された資格証明書(COE)に基づいてビザを取得済みであるため、指定された地域に滞在した場合、当面の間上陸拒否の対象となります。上陸拒否申請前14日以内に上記(注1)に記載された国/地域。

3.検疫措置(新規)

現在の検疫措置は以下のように強化されています。

2022年3月1日午前0時(JST)から入国後の自己検疫期間が変更になります。 B.1.1.529オミクロンの亜種が優勢になる国/地域からのすべての国境を越えた旅行者および帰還者は、日本への入国後、自分の住居や宿泊施設などの場所で自己検疫し、海外からの入国者のための健康監視センター(HCO)であり、原則として7日間は公共交通機関の利用を控える。また、検疫所長が指定した特定の施設で3日間の検疫の国・地域に出入りするかどうかにより、有効なCOVID-19予防接種証明書(厚生労働省認定)を取得します。外務省および厚生労働省(MHLW))(以下「予防接種証明書」といいます)により、措置が緩和される場合があります。

これらの措置は、追って通知があるまで継続することが決定されています。

(1)強化された検疫措置

2021年3月19日以降、日本人を含むすべての旅行者は、旅行者が日本に入国する際に滞在する国/地域を出発する前の72時間以内に実施された陰性検査結果の証明書を提出する必要があります。検査結果が陰性の証明書を提出しない場合は、検疫法により入国を拒否されます。航空会社は、航空会社がない場合の搭乗を拒否します。検査結果が陰性の証明書を取得することが本当に難しい場合は、日本大使館、領事館、領事館にご相談ください。

2021年1月8日以降、日本に入国、再入国、または帰国するすべての人(日本人を含む)も、対象地域として指定された国/地域から到着するかどうかに関係なく、到着時にCOVID-19検査を実施する必要があります。追って通知があるまで、日本への入国許可の拒否。

2021年1月14日から追って通知があるまで、在留資格を有するすべての日本人および外国人は、自宅またはその他の指定された地域で検疫に入ると誓約し、位置データを保持し、それを保健センターまたはその他に提供する必要があります。要請があれば、機関。 (個別の検疫措置を講じる場合は、それらも誓約する必要があります。)入国時に誓約書(PDF)に署名して提出する必要があります。違反した場合、検疫法に基づく拘留の対象となる可能性があり、以下が適用されます。
(ⅰ)日本人の場合、感染拡大防止に役立つ氏名等の情報を公開する場合があります。
(ⅱ)在留資格、氏名、国籍等、感染拡大防止に役立つ情報を公開する場合があります。また、入国管理法および難民認定法に基づく在留資格の取消しおよび国外追放の手続きの対象となる場合もあります。 「質権書」を提出しない場合は、検疫所長が指定した場所(検疫所が予約した宿泊施設のみ)に滞在してください。

2022年3月1日午前0時(JST)から入国後の自己検疫期間が変更になります。

B.1.1.529オミクロンバリアントが優勢になる国/地域からのすべての国境を越えた旅行者および帰還者(オミクロンバリアント以外のCOVID-19バリアントが優勢になる国/地域を除くすべての国/地域)、入国後、自分の住居や宿泊施設などで自己検疫を行い、出入国する国・地域からの公共交通機関の利用を控え、有効なCOVIDを取得しているかどうかを確認する必要があります。 -19ワクチン接種証明書。

予防接種証明書入国後の在宅検疫期間等
措置の対象となる指定国・地域から(17)いいえ検疫所長が指定した特定施設での3日間の検疫(+施設での陰性検査結果(PCR検査))
はい3日間の自宅検疫+自主検査の否定的な結果
また
テストなしの7日間の自宅検疫
措置の対象となる指定国・地域以外の国・地域から(17)いいえ
はい自宅検疫などの対策は不要です

New Border Measures(26)に基づいて、オミクロンバリアント以外のCOVID-19バリアントが優勢になる国/地域を個別に指定する必要があります。特定の国/地域からのすべての国境を越えた旅行者および帰国者について、入国後、自分の住居や宿泊施設などの場所で自己検疫を行い、 HCOと公共交通機関の利用を控えるのは14日です。

(2)コロナウイルス変異型オミクロン(B.1.1.529)に対応して、指定された国/地域から日本に入国、再入国、または帰国するすべての旅行者に対する強化された検疫措置。

コロナウイルス変異型オミクロン(B.1.1.529)の知識、各国/地域の流行状況、COVID-19の日本への流入状況のリスク評価、ワクチン接種の有効性などの要素を考慮に入れて、また、各国/地域からのコロナウイルスの流入に関する包括的なリスク評価から判断すると、以下の国/地域が、コロナウイルスの亜種オミクロン(B.1.1.529)に対応する国/地域として指定されます。

指定日検疫措置の開始日国/地域
イスラエル、イタリア、英国、ドイツ、デンマーク、フランスは、2022年3月3日の午前0時(JST)から、コロナウイルス変異型オミクロン(B.1.1.529)に応じて、指定された国/地域から削除されます。
2021年11月30日2021年12月1日午前0時(JST)スウェーデン
2021年12月1日2021年12月2日午前0時(JST)韓国、スイス

サンパウロ州(ブラジル)は、2022年3月3日の午前0時(JST)から、コロナウイルスの亜種オミクロン(B.1.1.529)に対応して、指定された国/地域から削除されます。
ノルウェーは、2022年3月3日の午前0時(JST)から、コロナウイルスの亜種オミクロン(B.1.1.529)に応じて、指定された国/地域から削除されます。
2021年12月13日2021年12月14日午前0時(JST)パキスタン
レバノンは、2022年3月3日の午前0時(JST)から、コロナウイルスの亜種オミクロン(B.1.1.529)に応じて、指定された国/地域から削除されます。
2021年12月20日2021年12月21日午前0時(JST)ペルー
2021年12月21日2021年12月22日午前0時(JST)エジプト
2021年12月22日2021年12月23日午前0時(JST)ロシア
カナダは、2022年3月3日の午前0時(JST)から、コロナウイルス変異型オミクロン(B.1.1.529)に応じて、指定された国/地域から削除されます。
アラブ首長国連邦は、2022年3月3日の午前0時(JST)から、コロナウイルスの亜種オミクロン(B.1.1.529)に応じて、指定された国/地域から削除されます。
2022年1月11日2022年1月12日午前0時(JST)七面鳥
2022年1月14日2022年1月15日午前0時(JST)インド、ネパール、メキシコ、モルディブ
2022年1月28日2022年1月29日午前0時(JST)ウズベキスタン、サウジアラビア、スリランカ、バングラデシュ、モンゴル
2022年2月2日2022年2月3日午前0時(JST)カンボジア、パラナ州(ブラジル)、ヨルダン
2022年2月10日2022年2月11日午前0時(JST)イラク、インドネシア、ミャンマー

アルバニアは、2022年3月3日の午前0時(JST)から、コロナウイルスの亜種オミクロン(B.1.1.529)に応じて、指定された国/地域から削除されます。
2022年2月17日2022年2月18日午前0時(JST)イラン、シンガポール

オマーンは、2022年3月3日の午前0時(JST)から、コロナウイルスの亜種オミクロン(B.1.1.529)に応じて、指定された国/地域から削除されます。
2022年3月2日2022年3月3日午前0時(JST)ベトナム

(3)国境措置に関する特別扱いのCOVID-19バリアントに対応して、指定された国/地域から日本に入国、再入国、または帰国するすべての旅行者に対する強化された検疫措置。

国境対策に関する特別治療のCOVID-19変異体の知識、各国/地域の流行状況、日本へのCOVID-19の流入の現状のリスク評価、ワクチン接種の有効性などの要素を考慮に入れて、各国/地域からのコロナウイルスの流入の包括的なリスク評価から判断すると、この措置に基づく個別の指定に従って、国境措置に関するCOVID-19の特別治療の変種に対応して、指定された国/地域として以下の追加措置が実施されます。 ;
(私) 指定された国/地域に個別に記載されている一部の国/地域からのすべての国境を越えた旅行者および帰国者は、当面の間、要求されます。 10日間滞在する 検疫所長が指定した施設(検疫所が確保した施設のみ)。また、ネガティブな結果が得られた方 3日目、6日目、10日目に実施されたすべてのCOVID-19テスト 日本への入国から、施設を離れることがあります。

指定日検疫措置の開始日国/地域
なし

(ⅱ) 指定された国/地域に個別に記載されている一部の国/地域からのすべての国境を越えた旅行者および帰国者は、当面の間、 6日間滞在する 検疫所長が指定した施設(検疫所が確保した施設のみ)。また、ネガティブな結果が得られた方 3日目と6日目に実施された両方のCOVID-19テスト 入国後、検疫所で確保された施設を出国する場合がありますが、入国後7日間は、自分の住居などに滞在する必要があります。

指定日検疫措置の開始日国/地域
なし

(iii) 指定された国/地域に個別に記載されている一部の国/地域からのすべての国境を越えた旅行者および帰国者は、当面の間、要求されます。 3日間滞在する 検疫所長が指定した特定施設(検疫所長が指定した宿泊施設に限る)。入国後3日目の施設での検査結果(PCR検査)が陰性の場合、退去後の自宅検疫は不要となります。一方、有効な予防接種証明書を取得した人は、代わりに7日間の自宅検疫を受けることができ、自主検査(PCR検査または定量的抗原検査)の結果がエントリーから3日目以降に陰性となった場合は日本では、MHLW(海外からの入国者の健康監視センター)がMySOSアプリで検査結果を確認して初めて、自宅検疫が不要になりました。 (3.(1)強化検疫措置を参照してください)

指定日検疫措置の開始日国/地域
2021年12月1日2021年12月3日午前0時(JST)スイス

2022年3月3日の午前0時(JST)以降に到着するサンパウロ州(ブラジル)からのすべての国境を越えた旅行者および帰還者は、上記の検疫措置の対象ではありません。
2022年3月3日の午前0時(JST)以降に到着するレバノンからのすべての国境を越えた旅行者および帰国者は、上記の検疫措置の対象ではありません。
2021年12月20日2021年12月23日午前0時(JST)ペルー
2022年3月3日の午前0時(JST)以降に到着するイスラエルからのすべての国境を越えた旅行者および帰還者は、上記の検疫措置の対象ではありません。
2021年12月22日2021年12月25日午前0時(JST)ロシア
2022年3月3日の午前0時(JST)以降に到着するカナダからのすべての国境を越えた旅行者および帰国者は、上記の検疫措置の対象ではありません。
2022年3月3日の午前0時(JST)以降に到着するアラブ首長国連邦からのすべての国境を越えた旅行者および帰還者は、上記の検疫措置の対象ではありません。
2022年1月11日2022年1月14日午前0時(JST)七面鳥
2022年1月14日2022年1月17日午前0時(JST)インド、メキシコ、モルディブ
2022年1月28日2022年1月31日午前0時(JST)サウジアラビア、スリランカ、バングラデシュ、モンゴル
2022年2月2日2022年2月5日午前0時(JST)カンボジア、パラナ州(ブラジル)、ヨルダン
2022年2月10日2022年2月11日午前0時(JST)韓国
2022年2月10日2022年2月13日午前0時(JST)イラク、インドネシア、ミャンマー

2022年3月3日の午前0時(JST)以降に到着するアルバニアからのすべての国境を越えた旅行者および帰国者は、上記の検疫措置の対象ではありません。
2022年2月17日2022年2月20日午前0時(JST)イラン、シンガポール

2022年3月3日の午前0時(JST)以降に到着するオマーンからのすべての国境を越えた旅行者および帰国者は、上記の検疫措置の対象ではありません。
2022年2月24日2022年3月1日午前0時(JST)ウズベキスタン、エジプト、スウェーデン、ネパール、パキスタン

2022年3月3日の午前0時(JST)以降に到着するイタリア、英国、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、フランスからのすべての国境を越えた旅行者および帰還者は、上記の検疫措置の対象ではありません。
2022年3月2日2022年3月5日午前0時(JST)ベトナム

(4)COVID-19感染に対応して、指定された国/地域から日本に入国、再入国、または帰国するすべての旅行者に対する、国境対策の特別治療のコロナウイルス変異体以外の強化された検疫措置。

上記(2)に基づく指定に基づく国/地域以外の国/地域については、COVID-19の知識、各国/地域の流行状況、COVIDの流入状況のリスク評価などの要素を取り入れて- 19日本への感染、とりわけ予防接種の有効性を考慮し、各国/地域からのコロナウイルスの流入のリスクの包括的な評価から判断された、すべての国/地域からの国境を越えた旅行者および帰還者は、 COVID-19の流入は、当面の間、検疫所長が指定した施設(検疫所が確保した施設のみに限定)に「コロナウイルス感染に対応する指定国・地域」として3日間滞在することが求められます。 COVID-19よりも国境対策の特別扱いの変種」この対策に基づく別の指定による。また、入国3日目にCOVID-19検査で陰性となった方は、施設を離れることができますが、入国後7日間は所々に滞在する必要があります。自分の住居など。

指定日検疫措置の開始日国/地域
なし

(注1)措置の対象国および地域は、外務省および厚生労働省によって指定および確認されます。指定は正式に発表されます。

(注2)上記の検疫措置は、指定された国および地域に14日以内に滞在した入国者に適用されます。

2021年12月10日午前0時(JST)から、国境対策に関する特別治療のCOVID-19バリアントの知識、各国/地域の流行状況、COVID-19の流入の現在の状況のリスク評価などの要素を取り入れます。日本への感染、およびワクチン接種の有効性を考慮に入れ、各国/地域からのコロナウイルスの流入の包括的なリスク評価から判断すると、政府が指定した宿泊施設に3日/6日滞在することは免除されます。 「指定国/地域」(コロナウイルス変異型オミクロン(B.1.1.529)に対応する国/地域を除く)から入国し、旅行者は政府指定の宿泊施設に3日/6日間滞在する必要があります。ただし、7日間の検疫期間中は、自宅または滞在している場所に滞在する必要があります。

参照してください 海外からの日本への入国に有効なCOVID-19予防接種証明書については、このページをご覧ください。

4.ビザの有効期間の停止

2021年12月2日午前0時(JST)から、コロナウイルス変異体オミクロン(B.1.1.529)に対する予防的観点からの緊急予防措置として、2021年12月2日までに発行されたビザの有効性は、 「日本人の配偶者または子」、「永住者の配偶者または子」または「外交官」の居住地。この措置は、12月2日の午前00:00(JST)より前に海外を出国した外国人には適用されません。 2021年と時間の後に日本に到着します。

「ビジネストラック」または「レジデンストラック」で既に発行されているビザおよび「新国境措置(4)」に基づいて発行されたビザ(第1条注2参照)については、当面の間、これらのビザの有効性は停止されています。 2021年1月13日付けの日本政府の発表に基づく2021年1月21日の午前0時(JST)から。

下記のビザの有効期間は当面の間停止されます

  • (1)2020年3月8日までに中国(香港およびマカオを含む)および大韓民国の日本大使館または総領事館によって発行された単一および複数入国ビザ
  • (2)2020年3月20日までに以下の国の日本大使館および総領事館によって発行された単一および複数入国ビザ地域国/地域ヨーロッパアンドラ、オーストリア、ブルガリア、ベルギー、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、モナコ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、サンマリノ、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、バチカン中東イランアフリカエジプト
  • (3)2020年3月27日までに以下の国の日本大使館および総領事館によって発行された単一および複数入国ビザ地域国/地域アジアブルネイ、インドネシア(注)、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム注:「ビザ発給登録証明書」の印鑑を含む中東バーレーン、イスラエル、カタールアフリカコンゴ民主共和国
  • (4)2020年4月2日までに、以下の国および地域に所在する、または認定された日本大使館および総領事館によって発行された単一および複数入国ビザRegionCountriesCountriesAsiaBangladesh、Bhutan、Cambodia、India、Laos、Moldives、Mongolia、Myanmar、Nepal、Pakistan、Sri Lanka、Timor-LesteOceaniaCook、Fiji、Kiribati、Marshall、Micronesia、Nauru、Niue、Palau、Papua New Guinea、Samoa、Solomon 、トンガ、ツバル、バヌアツラテンアメリカとカリブ海アンティグアとバルブダ、アルゼンチン、バハマ、バルバドス、ベリーズ、コロンビア、コスタリカ、キューバ、ドミニカ共和国、エルサルバドール、グレナダ、ガイアナ、グアテマラ、ハイチ、ホンジュラス、ジャマイカ、メキシコ、ニカラグア、パラグアイ、ペルー、セントクリストファーとネビス、セントルシア、セントビンセントとグレナディーン、スリナム、トリニダードとトバゴ、ウルグアイ、ベネズエラヨーロッパアゼルバイジャン、ベラルーシ、ジョージア、カザフスタン、キルギス、ロシア、タジキスタン、トルクメニスタン、ウクライナ、ウズベキスタン中東アフガニスタンクウェート、レバノン、オマーン、パレスチナ、サウジアラビア、シリア、アラブ首長国連邦(注)、イエメン注:「ビザワビエ登録証明書」のシールを含むアフリカアルジェリア、アンゴラ、ベニン、ボツワナ、ブルキナファソ、ブルンジ、カメルーン、カリフォルニアbo Verde、中央アフリカ共和国、チャド、コモロス、コンゴ共和国、ジブチ、赤道ギニア、エリトリア、エスワティーニ、エチオピア、ガボン、ガンビア、ガーナ、ギニア、ギニア-ビサウ、ケニア、レソト、リベリア、リビア、マダガスカル、マラウィ、マリ、モーリタニア、モザンビーク、ナミビア、ニジェール、ナイジェリア、ルワンダ、サントメとプリンシペ、セネガル、セイシェル、シエラレオーネ、ソマリア、南アフリカ、南スーダン、スーダン、タンザニア、トーゴ、チュニジア、ウガンダ、ザンビア、ジンバブエ

5.ビザ免除措置の一時停止

下記の国や地域でのビザ免除措置は一時的に停止されているため、その措置に該当する方は、来日前にビザを取得する必要があります。以下のリスト(1)および(2)に、オーストラリア、ニュージーランド、台湾が新たに追加されました。当面は対策を講じる予定です。

  • (1)日本および以下の国および地域と合意したビザ免除措置RegionCountriesCountriesAsiaBangladesh、Brunei、Cambodia、Hong Kong、India、Indonesia、Republic of Korea、Laos、Macau、Malaysia、Mongolia、Myanmar、Pakistan、Singapore、Taiwan、Thailand、Viet NamOceaniaAustralia、Nauru、New Zealand、Palau、Papua New Guinea 、サモア、ソロモンラテンアメリカとカリブ海アルゼンチン、バハマ、バルバドス、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ共和国、エルサルバドール、グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、パラグアイ、ペルー、スリナム、ウルグアイヨーロッパアンドラ、オーストリア、アゼルバイジャン、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ジョージア、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、カザフスタン、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、モナコ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、サンマリノ、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルクメニスタン、ウクライナ、イギリス、ウズベキスタン、バチカン中東イスラエル、イラン、オマーン、カタール、アラブ首長国連邦アフリカレソト、チュニジア
  • (2)以下の国および地域が発行するAPECビジネストラベルカード(ABTC)に対して日本政府が付与した事前許可(すなわちビザ免除)の効果も停止されます。RegionCountriesCountriesAsiaBrunei、China、Hong Kong、Indonesia、Republic of Korea、Malaysia、Philippines、Singapore、Taiwan、Thailand、Viet NamOceaniaAustralia、New Zealand、Papua New GuineaLatin America and the CaribbeanMexico、PeruEuropeRussia

6.到着時の空港/港の制限

日本政府(GOJ)は、2020年3月5日に(1)と(2)、2020年4月1日に(3)の措置を発表しました。これらの措置は当面実施されます。

  • (1)日本政府は、中国または大韓民国から成田国際空港および関西国際空港への旅客便の到着空港のみを制限し、関係する航空会社にこの制限を遵守するよう要請します。 2020年9月25日の日本政府の発表に基づき、各空港到着時の試験能力などの条件を踏まえ、当面実施している旅客機の到着空港数制限の緩和を検討する。 。各空港でこのような条件が満たされると、リラクゼーションが実施されます。
  • (2)日本政府は、中国または大韓民国からの船舶による旅客輸送を停止し、関係会社にこの停止の遵守を要請している。
  • (3)検疫措置の適切な実施を確保するため、旅客到着便数の削減等により、当該航空会社に日本への到着旅客数の抑制を要請する。日本人や帰国希望者の日本へのスムーズな帰国を確保するため、情報提供やアドバイザリーの送付など、適切な配慮を行います。
  • (4)当面は対策を講じる

7.特別な例外的な状況での外国人の入国

現在、再入国許可証を持っている人を除いて、日本への新規入国を希望するすべての外国人はビザを申請する必要があります。 COVID-19のパンデミックによる影響により、ビザの承認手続きに通常より時間がかかる場合がありますのでご注意ください。何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

参照してください COVID-19(多言語版)の蔓延を防ぐための上陸許可の拒否について、特別な例外的な状況の詳細な事例を通知するOpen a New Window.

特別な事情がある場合に日本に入国する資格のある外国人は、日本大使館、領事館、領事館(台湾の場合は、日本台湾交流協会の台北高雄事務所)で適切なビザを申請する必要があります。あなたの国/地域の日本の海外事業所」)。

参照してください ビザ申請に関する情報については、このページをご覧ください.

その点に注意してください 陰性試験結果証明書(PDF)Open a New Window 有効なビザの取得に加えて、特別な例外的な状況を除き、旅行者が滞在する国/地域を出発する前の72時間以内に実施される出発前COVID-19テストの結果は、外国人が日本に入国するために必要です。


関連リンク

ソース:
https://www.mofa.go.jp/ca/fna/page4e_001053.html

フォトクレジット:
4045によって作成されたビジネス写真– www.freepik.com

loader
wpChatIcon

リスト所有者への連絡

Captcha Code
ja