Philippine Department of Agriculture – Tokyo
Embassy officials, PCCI-Japan visit Mekeni plant

Embassy officials, PCCI-Japan visit Mekeni plant

“It was a fruitful and meaningful visit from our distinguished guests”, said Pruds Garcia, President of Mekeni Food Corporation when the delegates from the Philippine Chamber of Commerce and Industry in Japan (PCCIJ) and officials of the Embassy of the Philippines-Tokyo paid a visit in the country’s most advanced and world-class meat processing plant of Mekeni Food Corporation in Balubad, Porac, Pampanga. The contingent is led by no less than Philippine Chamber of Commerce and Industry in Japan Chairman Allan Reyes, and Agricultural Attaché Jose I.C. Laquian. Part of the agenda of the plant visit is to get a better and deeper perspective on how Mekeni Food Corporation embarks their […]

PCCIJ, delegates visit 1st and only Japan-accredited PH meat processing facility

PCCIJ, delegates visit 1st and only Japan-accredited PH meat processing facility

Delegates from the Philippine Chamber of Commerce and Industry in Japan (PCCIJ) and officials of the Embassy of the Philippines-Tokyo recently visited the Mekeni Food Corporation’s headquarters in Pampanga. The group, led by PCCIJ Chairman Allan Reyes and Agricultural Attaché Jose I.C. Laquian, went to Mekeni for a tour of the facility to gain a better understanding of the food manufacturing process and to know more about Mekeni’s biosecurity measures. Mekeni, a home-grown brand that is starting to strengthen its international market, is the first heat-treated meat processing facility accredited by Japan’s Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries and the first and only meat processing facility in the Philippines to […]

DA, JICA reinforce camaraderie for Phl agri sector

DA、JICAはPhl農業セクターの友情を強化する

国際協力機構(JICA)は、2022年4月6日の表敬訪問の際に、フィリピン農務省(DA)の努力に継続的な支援を提供しました。パートナーの1つとして、DAを含むフィリピンを優先する。農業は、収入の創出、雇用の創出、公園とレクリエーション、食料安全保障、およびその他の社会的要因への道を開くため、すべての国で重要なセクターであると彼は言いました。 「JICAは、インフラ開発、システム管理開発、能力開発の観点から、将来の協力の可能性について各国を本当に検討しています」と坂本氏は述べています。 DAには[…]

Japan funds potable water system in Mt. Province village

日本は、マウンテンプロビンス村の飲料水システムに資金を提供しています

マニラの日本大使館は水曜日にマウンテンプロビンスのナトニンにある東京が資金提供した飲料水システムを引き渡した。このプロジェクトは2017年に承認され、草の根の人間の安全保障プロジェクト(GGP)の助成金による日本の政府開発援助(ODA)の一部です。バナウェル、ナトニンは利用可能な水源から遠く離れて住んでいます。近くの湧水源から水を汲むのに1日約3時間かかります。共同水源が枯渇する乾季には、住民は農業用水路からの水を使用する以外に手段がなく、深刻な健康問題を引き起こした」と大使館は述べた。この問題に対処するために、大使館[…]

Japan helps Silay village commercialize strawberry farming

日本はシライ村がイチゴ栽培を商業化するのを助けます

日本政府は、ネグロスオクシデンタル州シライ市の村でのイチゴ栽培の商業化を支援するために、1,448万ペソの助成金に署名しました。 3月14日に越川和彦大使が署名した助成金契約は、日本のイチゴ栽培技術と農場経営の専門知識を利用して、バランガイ・パタグの住民に収入の選択肢を提供するものでした。このプログラムは、日本の非政府組織であるIkaw-Akoによって実施されます。大使館は3月15日の声明で、「日本は、このプロジェクトがフィリピン国民と日本の友好関係を強化するだけでなく、両国間の既存の戦略的パートナーシップを強化すると信じている」と述べた。資金は日本の一部です[…]

1 2
wpChatIcon

リスト所有者への連絡

Captcha Code
ja