DA、PhilRiceは米の監視、Caragaでのデータ収集を後押しします

カラガの農務省(DA-13)とフィリピン米研究所(PhilRice)は、この地域での米の監視とデータ収集活動を強化するための努力を結集しました。 DA-13の研究部門の責任者であるアベル・ワガス氏は金曜日に発表された声明の中で、「米は依然としてフィリピン人の主食であるため、米の監視は不可欠である」と述べた。 DA-13とPhilRiceは、フィリピン米情報システム(PRISM)プロジェクトの下で、この地域の地方自治体のパートナーからのデータ収集者を対象に、3月24日から25日まで再教育コースを開催しました。 PRISMは、DAの衛星ベースの稲作監視システムであり、作付稲作面積、収量、稲作面積に関する情報を生成します[…]