Philippine Department of Agriculture – Tokyo
DA, PhilRice boost rice monitoring, data collection in Caraga

DA、PhilRiceは米の監視、Caragaでのデータ収集を後押しします

カラガの農務省(DA-13)とフィリピン米研究所(PhilRice)は、この地域での米の監視とデータ収集活動を強化するための努力を結集しました。

DA-13の研究部門の責任者であるアベル・ワガス氏は金曜日に発表された声明の中で、「米は依然としてフィリピン人の主食であるため、米の監視は不可欠である」と述べた。

DA-13とPhilRiceは、フィリピン米情報システム(PRISM)プロジェクトの下で、この地域の地方自治体のパートナーからのデータ収集者を対象に、3月24日から25日まで再教育コースを開催しました。

PRISMは、DAの衛星ベースの稲作監視システムであり、植栽された稲作面積、収量、および洪水や干ばつの影響を受けている危険にさらされている稲作面積に関する情報を生成します。

PRISMを通じて生成されたデータは、農業部門の戦略的計画、意思決定、開発プロジェクトの実施、および災害への備えに役立ちます。

ワガスは、この地域のコメ産業を後押しするための戦略的プログラムの実施に必要な正確なデータの重要性を強調しました。

「PRISMを通じて、国内のコメ産業を強化するためのプロジェクトをどこに立てるかについて、政策立案者やプログラムプランナーのサポートツールとなるコメ地域のマッピングが可能になります」とWagas氏は述べています。

カラガ地域では、DAとPhilRiceは、特にアグサンデルスル、スリガオデルスル、アグサンデルノルテの各州で60のサイトをカバーするデータコレクターを持っています。

出典:https://www.pna.gov.ph/articles/1170622

Our Visitor

000032

wpChatIcon

リスト所有者への連絡

Captcha Code
ja