Philippine Department of Agriculture – Tokyo

フィリピン2022年第1四半期のデータ

フィリピンの経済見通し2022年第1四半期には、基本効果が厳しくなり、基礎となる活動が軟化する中、成長は鈍化しました。個人消費は、四半期の初めにインフレの上昇とCovid-19症例のオミクロンによる急増によって打撃を受けた可能性がありますが、来たる5月の選挙に関連する不確実性が投資を妨げたようです。貿易赤字は1月から2月に驚くほど縮小した後、その月の石油価格の加速に続いて3月にさらに大きな赤字を示す可能性があります。成長へのいくらかのサポートは、第1四半期の最終段階でのCovid-19制限の緩和からもたらされ、2月から3月に製造業のPMIが上昇する一因となりました。 Q2に向かって、すべての目[…]

PSAがフィリピンの国民経済計算の年次改訂を発表

フィリピン統計局(PSA)は、2020年と2021年のフィリピンの国民経済計算の修正された見積もりを発表しました。四半期および年次の両方で、業界別および支出別。 2021年第4四半期の国内総生産(GDP)成長率は、暫定推定値の7.7%から7.8%に上方修正され、2021年のGDPの年間成長率も5.6%から5.7%に上方修正されました。 PSAは、承認された改訂ポリシー(PSA理事会決議第1号、2017-053シリーズ)に基づいてGDP見積もりを改訂します。これは、国民経済計算の改訂に関する国際標準慣行と一致しています。詳細については、アシスタントナショナルにお問い合わせください[…]

PH gives highest perks for new tech investments

PHは、新しい技術投資に最高の特典を提供します

フィリピン政府は、企業回復および企業に対する税制上の優遇措置(CREATE)法を通じて、新技術への投資に対して寛大な財政的優遇措置を与えています。金曜日にフィリピンの欧州商工会議所(ECCP)のフォーラムで、貿易産業省(DTI)のラファエリタアルダバ次官は、CREATE法は、4分の1を推進する投資を促進することにより、同庁の産業政策と一致していると述べた。産業革命。 「企業回復および企業に対する税制上の優遇措置法は、企業が産業変革計画を実施する際にアクセスできる革新的なプロジェクトに対する支援策を提供します」と彼女は言いました。 Aldabaは、CREATE法の下で、Tier3の活動が与えられていると述べました[…]

Philippines-Japan Economic Partnership Agreement (PJEPA)

日比経済連携協定(PJEPA)

PJEPAは、フィリピンの最初の二国間自由貿易協定です。 2006年9月9日、当時のグロリア・マカパガル・アロヨ大統領と小泉純一郎元首相がフィンランドのヘルシンキで署名しました。フィリピン上院は2008年10月8日にPJEPAの承認に同意し、協定は2008年12月11日に正式に発効しました。対象範囲PJEPAは、とりわけ、商品の取引、サービスの取引、投資、自然人の移動(MNP)、知的財産(IP)、政府調達(GP)、競争、およびビジネス環境の改善(IBE)を対象としています。 PJEPAの実施によるメリット2008年にPJEPAが発足すると、貿易収支は徐々に[…]

FOODEX JAPAN 2022 in Makuhari Messe, Japan

FOODEX JAPAN 2022、幕張メッセ、日本

FOODEX JAPANは、2022年3月8日から11日まで幕張メッセで開催される、日本とアジアを代表する食品・飲料見本市です。このイベントは、ビジネス拡大の機会を提供し、食品および飲料に関連する世界の問題の解決策を提供します。 FOODEX JAPAN 2022の詳細については、https://www.jma.or.jp/foodex/en/をご覧ください。

1 2 3

[wps_visitor_counter]