Philippine Department of Agriculture – Tokyo
New types of wagashi hitting market as healthy, long-life treats

New types of wagashi hitting market as healthy, long-life treats

TOKYO,Aug.27 – Many new-wave wagashi, traditional Japanese confections, are hitting the market, responding to the changing preferences and lifestyles of consumers who want to live a healthy life and have long-life wagashi. Some confectioneries introduced new ingredients to add value, for example, to win over a wide variety of consumers. Such efforts are providing a tailwind to the wagashi market, which is now back on a recovery track thanks to the stay-at-home consumption rising from the Covid-19 pandemic. (Writer: Chika Oyama) ■Traditional Dorayaki for health-conscious people Karadani-eitaro Slow-calorie Dorayaki” (in Chuo Ward, Tokyo) Eitaro Sohonpo Co. Ltd. (Chuo Ward, Tokyo) sells a new delicious and healthy sweet, “Slow-calorie Dorayaki (260 […]

コンビニ各社が高級おにぎり相次ぎ投入 手軽さ、巣ごもりニーズに商機

コンビニ各社が高級おにぎり相次ぎ投入 手軽さ、巣ごもりニーズに商機

コンビニ各社が、銘柄米や具材の国産農畜産物にこだわった高価格帯おにぎりを相次いで販売している。コロナ下で小さなぜいたくを楽しもうというニーズもあり、家計支出は好調だ。生産者側も、身近な店で手軽に食べられるおにぎりを通じて、農畜産物のPRや消費拡大に期待する。  総務省の家計調査によると、おにぎりの1世帯(2人以上)当たりの年間支出額は21年に4746円となり前年から5%増えた。精米の支出が落ち込む中でも増加傾向が続き、10年前比では29%増となる。手軽な食事ニーズの高まりと、商品開発の活発化が背景にあるとみられる。 ブランド米 単一使用  ローソンは、ブランド米を単一で使ったおにぎりの全国販売を7月に始めた。現在は山形「雪若丸」を使った2種類を販売中。順次、石川「ひゃくまん穀」、富山「富富富」、福井「いちほまれ」、北海道「ゆめぴりか」を発売予定。コンビニがブランド米単一使用のおにぎりを立て続けに全国販売するのは異例だ。「全国の皆さんに知ってもらい需要を喚起し、米を見直していく機会にしたい」(竹増貞信社長) コシ100% 具材も厳選  ファミリーマートは13日、高級おにぎり「ごちむすび」シリーズの新商品を発売した。米は100%「コシヒカリ」を使用。炊飯方法や具材にこだわり、おいしさを追求した。「比内地鶏の炙り焼き鳥めし」(220円)は秋田県のJA組合員が育てた「比内地鶏」を使用、同社とJA全農との協業で供給を実現した。「比内地鶏」生産者の減少やコロナ禍の需要低迷など苦境が続く中で、全農は「今回の販売を産地応援につなげたい」(営業開発部)とする。 https://phjapan.da.gov.ph/2022/09/21/japan-farm-exports-in-2022-1st-half-hit-record-high-as-more-dine-out/  同社おにぎり全体の売り上げに占める高価格帯の割合は22年に25%と20年から12ポイント増えた。巣ごもり需要の高まりで、普段の食卓を少し豊かにしたいニーズがあるとみる。 各地の銘柄 ひと目で  セブン-イレブンは「サーモンハラス」おにぎり(194円など)など高価格帯おにぎりで、ブランド米を使っている。パッケージで山形「つや姫」、新潟・魚沼「コシヒカリ」、「銀河のしずく」使用を表示。「コロナによる消費行動の変化の影響もあり、より質にこだわるお客が増えている」(同社)とする。 引用:https://www.agrinews.co.jp/news/index/104701

Convenience stores’ new luxurious onigiri rice balls ride on stay-at-home economy boom

Convenience stores’ new luxurious onigiri rice balls ride on stay-at-home economy boom

Convenience stores in Japan are introducing high-priced onigiri rice balls featuring carefully-selected brand rice and domestic agricultural and livestock products. Thanks to the rising need for a modest luxury among people enduring the COVID-19 pandemic, household spending is increasing. Agricultural and livestock producers hope that such rice balls that you can easily buy at nearby stores will be an excellent promotion to increase the consumption of their products.According to a family budget survey by the Ministry of Internal Affairs and Communications of Japan, annual spending on rice balls per household with two or more people was 4,746 yen in 2021, up 5% from the previous year. Despite the decreased spending […]

A technical report on the definition of matcha

抹茶の定義に関するテクニカルレポート

近年、「抹茶」は日本だけでなく海外でも人気が高まり、世界的に市場が拡大しています。抹茶は、日陰で育てた新芽を原料とし、専用の製茶機を使用して、鮮やかな緑色、コクのある味わい、香りを生み出しています。これらの技術は日本で開発されました。抹茶は世界中で人気がありますが、他の種類のお茶には見られない独特の特徴や技術の歴史についての情報は完全には知られていません。また、現在、国際市場にはコンセンサスやルールはありません。そのため、NAROを中心に日本は推進してきました[…]

1 6 7 8

[wps_visitor_counter]