Philippine Department of Agriculture – Tokyo
盗難“なし”へ 自動巡回ドローン JAあいち豊田が実証

盗難“なし”へ 自動巡回ドローン JAあいち豊田が実証

 【あいち豊田】JAあいち豊田は、豊田市猿投地区の梨農家と協力して、自律巡回ドローンを使った果実の盗難対策の実証試験を始めた。拠点から離発着して自動巡回し、上空から不審者を監視できるようにすることを目指す。  果樹園の盗難被害が深刻化しているJA梨部会からの強い要望で始めた。名古屋市にあるサイポート(株)が試作する自律巡回ドローンシステムを使う。同社によると、自律巡回ドローンを使った盗難対策の試験は全国で初めてという。拠点となるドローン専用の離発着基地は、豊田市の(株)フカデンが設けた。  拠点を設置し自動充電、自律巡回が可能な無人航空機システム。まずは定められたルートで飛行することを確認し、いずれは動く物を感知するなどして監視できるようにする。  豊田市の加藤吉裕さん(56)が栽培する梨「愛宕」の圃場(ほじょう)で、ドローンが拠点に自動で戻るかを検証した。加藤さんは「梨の盗難は、農家にとって非常に深刻な問題。終日監視で盗難防止できるのを期待している」と話した。  JAは、看板やカメラの設置、警察の巡回と合わせた対策の一つとして活用していきたい考えだ。今後は機体重量の軽量化、自律巡回や離着陸の正確さ、バッテリーの消耗などを検証し、2022年度中のシステム実用化を目指し調整する。 引用:https://www.agrinews.co.jp/news/index/112758

New agriculture minister attaches top priority on stabilizing supply-demand balance of rice

New agriculture minister attaches top priority on stabilizing supply-demand balance of rice

New agriculture minister Genjiro Kaneko said on Oct. 6 he places top priority on measures to ease the supply-demand imbalance of rice. In a media interview, Kaneko stressed that the ministry will come up with measures to cope with the issue as soon as possible. “We will respond to the issue swiftly under our basic policy of producing and selling rice according to demands,” he said. Prime Minister Fumio Kishida instructed him to deal with the issue as rice growers are put under a difficult situation amid a decline in prices of rice harvested this year, Kaneko said. He also said that the ministry will expand the program to subsidize […]

Japan Photo Journal: Salvia flowers create brilliant red carpet at Saitama park

Japan Photo Journal: Salvia flowers create brilliant red carpet at Saitama park

A sea of vivid red salvia flowers in full bloom is seen at Omiya Hana-no-Oka Agriculture and Forestry Park in Saitama’s Nishi Ward on Sept. 13, 2022. According to the park, some 33,000 salvia plants cover a field measuring about 6,600 square meters. As the weather since mid-August has been fair, they have apparently grown well. The flowers will be at their best for viewing until late September. Spider lilies, cosmos and kochia flowers can also be seen at the park now. It is open between 7:30 a.m. and 7 p.m. in September, and admission is free. ankara escort ankara escort çankaya escort çankaya escort escort bayan çankaya istanbul rus […]

Surprise catch of the day: Tons of stinking dead fish found in east Japan reservoir

Surprise catch of the day: Tons of stinking dead fish found in east Japan reservoir

OMITAMA, Ibaraki – Heaps of fish, which officials suspect anglers illegally released, have been found dead after draining water from an agricultural reservoir in this eastern Japan city. According to the Omitama Municipal Government’s agricultural policy division, the city started to drain water from the about 55-hectare agricultural reservoir in early September to conduct bank protection work, and huge amounts of black bass and carp, which died due to lack of oxygen, began to appear on the evening of Sept. 15. As workers kept draining the water, the number of dead fish further increased and the stench worsened. As the pond is surrounded by a residential area, many people have […]

ジビエ利用量最多 21年度 コロナ禍から回復18%増 鹿肉けん引28%増 農水省

ジビエ利用量最多 21年度 コロナ禍から回復18%増 鹿肉けん引28%増 農水省

2021年度のジビエ(野生鳥獣の肉)の利用量が2127トンで、前年度から18%増えたことが農水省の調査で分かった。コロナ禍で落ち込んだ前年から回復し、過去最高となった。鹿肉の販売量が同28%増の947トンとなり、全体を押し上げた。一方、イノシシ肉は捕獲数の減少を受け、販売量は同16%減の357トンだった。  ジビエ利用量は調査を始めた16年度の1283トンから伸び続けていたが、20年度はコロナ禍で外食需要が低迷。鹿肉販売量が落ちたことが響き、1810トンで同10%減と前年度割れしていた。21年度は鹿肉の需要回復を主因に盛り返した。  食肉処理施設の鹿の解体数は9万9033頭で同15%増となる一方、イノシシの解体数は2万9666頭で同15%減った。イノシシは豚熱への感染や全国的な捕獲対策の強化で生息数が減り、21年度は捕獲数も同2割減っている。  21年度はペットフードとしての販売量も656トンで同34%増と大きく伸びた。三重県で事業者の動きが活発化し、販売量が同8倍の56トンと伸びるなどした。ペットフードには鹿などが向けられているとみられる。  鹿、イノシシ以外の鳥獣の食肉販売量は同33%増の20トンだった。  21年度の食肉の販売価格をみると、1キロ当たり鹿肉は2173円で同11%高となる一方、イノシシ肉は3557円で同5%安だった。近年は鹿肉の価格は横ばい傾向で、5年前は1キロ当たり2229円。イノシシ肉の価格は5年前は同3997円で下落傾向となっている。 出典:https://www.agrinews.co.jp/news/index/107327

1 2 3 4 5 6

Our Visitor

000032

wpChatIcon

リスト所有者への連絡

Captcha Code
ja