Philippine Department of Agriculture – Tokyo
DOT meets with Japanese tourism execs to boost arrivals

DOTは日本の観光幹部と会い、到着を後押しします

フィリピンの観光省(DOT)は、海外のレジャー旅行者に再開してから1か月後もマーケティングとプロモーションの取り組みを続けており、今回は主要なソース市場である日本からの潜在的な訪問者に目を向けています。

観光大臣のベルナ・ロムロ・プヤットは、フィリピンの代表団を率いて日本の観光関係者と関わり、フィリピンを新しい常態の安全な旅行先として宣伝しました。

日本は一貫して、パンデミック以前のフィリピンで4番目に大きな観光ソース市場でした。

2019年、この国は日本からの682,788人の観光客を記録しました。昨年2月10日にフィリピンが再開して以来、フィリピンは2022年3月20日現在、日本から2,125人のレジャー旅行者を迎えました。

代表団の日本への公式旅行中に、プヤットは日本の旅行代理店、ツアーオペレーター、観光組織、英語研究オペレーター、経済連盟、そして東京、名古屋、大阪の日本のメディアと会いました。

注目すべき参加者の中にはSTWorldが含まれていました。日本旅行業協会; JTB Corp;日本旅行観光協会;阪急交通社株式会社;関西経済連合会;と日本フィリピン観光評議会。

Puyatは、とりわけ、国の低いCovid-19症例、観光労働者の高いワクチン接種率、世界的な安全衛生プロトコルの順守、および簡素化された入国要件とプロセスを強調しました。

彼女は日本の観光関係者に、DOTがフィリピンへのチャーター便を含むマーケティング支援を提供し続けることを保証した。

Puyatはまた、国内の人気のある観光地でCovid-19ワクチンブースターショットを提供することにより、ブースタージャブをまだ受けていない完全にワクチン接種された日本人旅行者を誘惑するプログラムを導入しました。これにより、日本人観光客は検疫を行うことなく日本に帰国することができます。

「他の観光省と同様に、フィリピン観光省は、主に雇用の回復と収入源の再構築のために、業界を復活させるためのあらゆる可能な努力を尽くしました。今では、セクターの回復を推進するためのほぼ2年間の準備の後、私たちの労働の成果を見ることができてうれしいです」と彼女は言いました。

Puyat氏は、フィリピンは東南アジアで最も簡単な旅行プロセスを持ち、検疫も到着時の検査も行われていない国としては断然多いと強調しました。

「私たちは、パンデミックがまだここにあり、健康が常に優先されるべきであることを認識しています。私たちは、市民の幸福を守り、観光部門を復活させる政策を策定することにより、公共の安全と経済回復のバランスをとるよう努めています」と彼女は強調しました。

Puyatはまた、DOTのカウンターパートである国土交通省(MOLIT)と会談し、両国間の双方向の観光交通の再開について話し合った。

「フィリピンと日本は、それぞれの目的地を促進し、それによって私たちの国の経済の成長に有意義に貢献するという、観光セクターの共通の目標を共有しています」とプヤットは言いました。

彼女は、4月20日から22日までマニラで初めて開催される待望の世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)グローバルサミットに日本の観光客を招待する機会を得ました。

来たるフィリピン主催のWTTCサミットは、「旅行と観光の再開と業界の安全で確実な再開を中心とした投資の誘致を通じて経済回復を支援するために、業界の利害関係者、組織、政府の間で議論を開く」と彼女は述べた。

Puyatは以前、このようなホスティングはフィリピンにとって有利であると述べました。これは、投資を促進するという観点から、フィリピンが世界の舞台でより多くを提供できることを示す方法だからです。

「このイベントを通じて、私たちは世界の旅行および観光産業が直面する社会的、環境的、および経済的課題を解決する方法についての議論を刺激することを目指しています。同様に、私たちは、経済成長、生計と雇用、そして持続可能な開発の推進力としての旅行と観光産業の役割に対する国民の認識を高めることを目指しています」と彼女は言いました。

出典:https://www.pna.gov.ph/articles/1170399

wpChatIcon

リスト所有者への連絡

Captcha Code
ja