Philippine Department of Agriculture – Tokyo

日本の税関:輸出手続き

a。輸出許可の概要

輸出業者は、税関長官に商品の性質、数量、価格、およびその他の必要な詳細を宣言する必要があります。必要な身体検査の後に輸出許可も取得する必要があります。

輸出品は税関(保世)エリアまたは特別に許可された保管場所に持ち込む必要があります。輸出者またはその代理人(通関業者)は、輸出される商品の性質、数量、および価値を説明する輸出申告書を作成します。この宣言には、請求書やその他の補足文書が添付されており、関税法以外の日本の法規制(以下「その他の法規制」といいます)で要求される場合は、許可、承認、ライセンスなどの他の文書(以下「その他の法規制」といいます)が添付されます。例:経済貿易産業省の管理下にある戦略的に機密性の高い資料の輸出)。

提出された輸出申告書は、税関で請求書やその他の補足文書と照合されます。

輸出統計スケジュールに従って統計分類が正しく行われ、関連商品に関して必要な許可または承認が確保され、免税対象の商品に承認された物品税免税の正しい申請が伴う場合に、文書チェックが行われます。 。税関は、提出された書類を確認する際に、商品の分類の正しさを確認し、税関法以外の法規制で義務付けられている検査が完了しているかどうかを確認するために、商品を物理的に検査する必要があるかどうかを判断します。

税関検査は、原則として税関内の税関検査区域で行われるか、税関検査区域に持ち込めない場合は保管場所で行われます。

輸出申告の際、輸出者は輸出報告書を2部提出するよう求められます。 1つは統計用で、もう1つは輸出認証などのニーズのために税関に保管されます。

b。提出する書類

以下の書類を税関に提出する必要があります。-輸出申告書(税関フォームC-5010)
- 請求書
–その他の文書:その他の法律および規制で要求される認証、許可、または承認。

c。その他の法令の確認

税関法は、輸出に関する基本法です。また、貨物の種類によっては、輸出申告前に事前の許可や輸出の承認が必要な場合があります。これらは、他の法規制の規定に従い、経済産業省や厚生労働省などの他の当局によって発行されなければなりません。

これらの他の法規制の規定に従い、許可、承認、または試験に合格する必要のある貨物の輸出業者は、通関手続き中にこれらの要件が満たされていることを税関に証明する必要があります。その後、この要件を確認する必要があります。 。これらの要件が証明および確認されない限り、税関は貨物の輸出を許可しません(税関法、第70条)。

これらの法律および規制の目的は、無制限かつ無秩序な輸出を規制し、特定の貨物の輸出を禁止または制限することにより、外国貿易の通常の発展を支援することです。これらの法規制は、必要な許可の確認、承認、検査の完了、および最終チェックポイントとしての税関での貨物の物理的存在におけるその他の条件を通じて管理目的を達成するために制定されました。輸出に関する15の法規制があります。そのうちの主なものは次のとおりです。(1)輸出貿易管理命令
(2)輸出管理命令
(3)輸出入貿易法
(4)文化財保護法
(5)森林播種法
(6)野生生物の保護と狩猟に関する法律
(7)麻薬および向精神薬管理法
(8)大麻取締法
(9)アヘン法
(10)覚醒剤規制法

ソース:
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/yunyu_kanshi/index_00017.html

[wps_visitor_counter]