Philippine Department of Agriculture – Tokyo
Thousands apply for youth agribiz mentorship program

数千人が青少年アグリビズメンターシッププログラムに応募

発表がソーシャルメディアに掲載されてから数時間後の2021年2月9日、農業省(DA)のアグリビジネスにおける若者のメンタリングと誘致(MAYA)プログラムの下で応募者を呼びかけ、オンラインシステムは関心のある個人で殺到しました。 、必要なインターン数の4倍を超える。

「私たちの若者の多くが、農業漁業企業に学び、参加することに熱心で興味を持っていることを示す良い兆候です。彼らは単に適切な機会を待っているだけであり、それは私たちのMAYAプラットフォームを通じてです」と農業大臣のウィリアム・ダーは述べています。

DAの農業研究局(BAR)によって調整されたMAYAは、若いフィリピン人を農業漁業の起業家または「農業従事者」またはおそらく技術者に育て、DAまたはそれぞれの将来のリーダーとして訓練することを目的とした24週間のインターンシッププログラムです。コミュニティと地方自治体(LGU)。

MAYAは、20〜30歳のすべてのフィリピン人に開放されており、4年または6年の学位コース、できれば農業、水産業、アグリビジネス、およびその他の関連する学問分野の卒業生である必要があります。

「MAYAは、体験学習、または学習者中心の方法論を通じて実施されます。これにより、インターンは、関連する方法で学んだ知識とスキルをすぐに活用できます」と、DA-BARのディレクターであるVivencioMamaril氏は述べています。

当初、関心のある応募者の中から800人のインターンが受け入れられ、現在までに3,000人以上に達しました。彼らは、インターンとしてさまざまなDAナショナル(秘書室)および地域フィールドオフィス(RFO)に24週間配備され、月額2万ペソの手当が支給されます。

6か月のインターンシップの後、DAの農業信用政策評議会(ACPC)に無利子のローンを申請できる農業漁業企業に参入するか、DAまたは政府機関。

「農民や漁民の高齢化に伴い、私たちは若いフィリピン人が国を養うために挑戦し、その過程で稼ぐために継続的に動機付け、刺激を与え、能力を発揮しなければなりません。農業には確かにお金と明るい未来があることを彼らに示しましょう」とダール長官は結論付けました。 ###(Rita dela Cruz、DA StratComms)

ソース:
https://www.da.gov.ph/thousands-apply-for-youth-agribiz-mentorship-program/

[wps_visitor_counter]